2010.08.27

繁盛店のテクノロジーの挑戦

COMMENT (0)


テクノロジーでどこまでやれるか、実現できるか、ということを追及する打ち合わせ。

 

実現段階になると少しトーンダウンするところもありますが、それでもおもしろいことになると思います。

 

テクノロジーを駆使して、ある程度どんなことでも出来るようになったと思います。

 

ただやっぱりこのような使用する方ではなく、作る方の打ち合わせをしていると、

 

テクノロジーを設計する、ということが人に帰属しているので、人は越えられないのかな、とも思います。

 

さて、そんな話をしてホテルに帰ると悲劇が。

 

パソコンがうんともすんとも言ってくれない。

 

壊れてしまったようです。これまで積み上げてきた資料がパソコンの中に全部あり、

 

ハードディスクも壊れたら、もう戻れないな、という状況。

 

でも、データや作成した資料は失うかもしれませんが(大丈夫でしたが)、

 

でも失ってもまた作ればいいだけだな、と。

 

では本当に何を失ったら終わりかな、と考えると色々出てきました。

 

それは信頼とか思想とか行動とかだな、と思いました。

 

テクノロジーでは表現できない部分です。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


四 × 9 =