2013.05.14

世界一展

COMMENT (0)


世界一展(http://the-sekai1.jp/)に行ってきました。本当に素晴らしい展示でした。

 


【魅せますニッポンの技と人】というキャッチコピー。

 


ニッポンにもこんなに素晴らしい技と人がいるんだよ、というのをありのままに出している。

 


卑屈にもならず、尊大にもならずに、ありのままを展示しよう、という心意気を感じました。

 


こういう企画や展示をもっともっとしていって、日本て素晴らしいなぁ、というのを感じる機会を提供してほしいです。

 


それぞれのテーマでゾーニングされており、日本ならではの特徴や進化などを説明されています。良いところばかりを書いてくれているので、嬉しくなってきます。

 


日本の良さ×海外の現地化(価格やプロモーションなど)が出来れば良いのに、と思います。日本のモノ、だけで突っ走り、その本当に良いところや良さを伝えず(伝え方も大事)に展開していくと難しいんだろうな、と。

 


人形浄瑠璃文楽と初音ミクを対比させながら、世界へのアプローチについての示唆も与えてくれます。

 


【見立て】って素晴らしい。

 


あとは初音ミクがこんなに凄いとは思いませんでした。

 


1つ1つの企業や人や技術や製品が展示されていて、解説も加えられています。世界一や世界シェアが60%みたいなものもあり、見ていて楽しいし、こういう技術を駆使して、どんなモノが出来るだろう!?こういう他の業界とコラボレーションしたら面白いのかな!?ということを考えながら歩いていると新しいアイデアが浮かんできます。

 


どんどん世界一のものを創り上げていってほしいですし、それをこういうハレの舞台や一般の人も目に届くようにしてほしいです。こういう展示が100を越える数あるので、1つ1つ読んでいるだけで勉強になります。

 


おぉ!フィナーレはテクノロジーを使っての仕掛けなんだ、と思って画面を見たら・・・

 


あぁ、やっぱり最後は【ヒト】なんだな、と思いました。いかに優れたモノやテクノロジーがあろうともそれを創るのも使うのもヒトだから。。。

 


もう少しテクノロジーが進化したら、こういう御バカは自動的に抹殺されるか、御バカを自動的に活かしてさらなる進化をしてくれるか、といったところを求めてしまいます。

 


何はともあれ地域一番・日本一・世界一とどこのフィールドで展開していくのかは別にして、こういう企業や人や技などが一般に広く認知される機会というのは本当に素晴らしいな、と思いました。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


6 − 四 =