2010.06.21

一番店繁盛店への準備

COMMENT (0)

一番店繁盛店への準備ということで、新規事業の立ち上げの

最終段階に来ているショップ様と東京で打ち合わせ。

当初計画から少し変更。いきなり総合型で立ち上げようとしたが、セグメントすることに。

そこでノウハウを蓄積して、横展開をするという形に。やはり新規事業は計画通りにいかないことが多い。

その時にどう対応するか。やはりよりセグメントすることが正しいと思う。

言い換えると、力相応に一番になれるところの再設定ということになる。

それは仕入先との関係であったり、準備やリソースとの関係であったり、

スケジュールとの関係であったり、色んな相関関係の中での決定になるが、

スモール立ち上げで即時業績アップし、そのノウハウを横展開というのが効率的であることを再確認した。

また新規事業は関係各社とのやり取りが非常に大切になる。

慣れ親しんだ中や業界の慣例というところで、共通言語が出来ているわけでもないので、

確認事項や指示なども多くなる。

そして多忙な中、各社取り組むのでうまくコミュニケートできないこともあるが、

言った言わないにならないように、また、メールでもいつのメールで伝えたかな?

とならないように、メールに質問項目表を付けて送るようにしている。

そうすると、過去の質問や回答も一目で分かる。

非常に効率良くコミュニケーションできる。

これからの新規事業の開発でも応用していきたいと思う。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


× 六 = 18