2010.06.20

一番店繁盛店を創るための打ち合わせ

COMMENT (0)

一番店繁盛店を創るための打ち合わせを4つ。

進捗状況も進め方も様々な中、予定よりスムーズにいっているプロジェクトはない。

その他の仕事でもそうだが、なんで思った通りに進まないのか。

最終的にはなんとかして締め切りには間に合わすようにするが、

予定通りにいって、しっかり休息も取った状態で打ち合わせや報告会に臨みたいものである。

そこで、なんで予定通りにいかないのかを検証してみることに。

1.そもそもの予定に無理がある場合
2.予定していた作業時間にイレギュラーな仕事が入ってきた場合
3.他の作業項目が終わっていないと自分の作業が出来ずに、共倒れの場合

だいたいこの3つに帰結してくると思う。

となれば、1はプロジェクトのリーダーがしっかり計画を作り、どの項目は何分で出来る、

この項目はこれが終わっていないと始められないから、スケジュールに余裕を持たせる、

など、初期設計が大切になってくる。

これをしっかり組むには、経験と内容熟知度と段取り力が必要になる。

それをつけるためには、1つの仕事が終わったごとに振り返ること。

PDCAを回すことが大切になる。

予定していた作業時間にイレギュラーが入ることなんて日常茶飯事。

それも計画に入れるというのが1つと、本当に納期的に厳しい場合は、

状況説明を作業依頼者に説明して、納得してもらうこと。

前工程がズレて、後もズレるのは、そもそものプロジェクトリーダーの工程管理の問題なので、

そうならないようにコミュニケーションを取ること。

全員が幸せに仕事が出来るために、しっかり納期どおりに質の高い

アウトプットが出来るために、取り組んでいきたいと思う。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


+ 六 = 14