2010.06.11

ギフトショップの繁盛店

COMMENT (0)

ギフトショップの繁盛店と打ち合わせ。

この頃、売上の調子は良い感じで上がってきている。

ただし、利益という意味ではもう少し頑張らなければならない状況である。

それは主力単品において、下グレードの目玉商品ばかり

売れている(そのような商品構成になっている)からである。

下グレード以外の商品は定価売りであったりする。

ということで、中グレードや上グレードも売れるように打ち合わせをする。

もっと価値を提供しよう、自社でしか出来ないことをしていこう。ということを一緒に考える。

その時に役に立つのが、他社や他業界がどのような取り組みで、価値を提供しているのか、

自社でしか出来ないことを提供しているのか、ということを知っているかどうか。

常にそのような取り組みにアンテナを張っているかどうかである。

それにプラスして、自社の状況や強みや業界の特性などを勘案して、提案する。

今までにない切り口や新しい取り組みであることが多いためそれがどのくらいの

インパクトを持つのかということは、数字でやる前から推し量ることはできないが、

【やったらいけるんじゃないか】という気持ちが共有できたらいいのではないかな、と思っている。

売上を伸ばしてから、次の段階としての利益改善。この流れが鉄則だと思われる。

売上も上げていないのに、利益をどうこうというのは間違えた順序であると思われる。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


+ 4 = 六