2010.05.12

新規事業から一番店、繁盛店への道

COMMENT (0)

一番店、繁盛店への道ということで、今まさに新事業として一番店、繁盛店を目指そうという経営者様との打ち合わせ。

圧倒的な差別化のポイントを他社から見えないところでいかに創ることが出来るのか、

これが今後の商売のポイントになってくることは明らかだと思われる。

また新規ビジネスであれば、やはりローコスト経営と即時業績アップが必須事項になる。

新規事業の初期の一番のポイントが資金繰りになってくるために、すぐに売上を立てる、コストはかけすぎない、ということが大切になる。

ではその2つを両立させるためにはどうしたらいいのか?

今のところの答えが、売上が創ることの出来るブルーオーシャンを見つける。

既存で同じようなビジネスがあれば、圧倒的な差別化のポイントを創る。

コアコンピタンスに集中し、作業レベルのことをシステム化する。

これが新規事業を始める際の今後のポイントになる。

だからその精度を高められるかどうかもポイントになる。

あとは情報共有の大切さである。

計画通りいかないことや、その場での対応をしなければならない、などが多くある。

それを新規事業に携わるみんなが共有し、現状の把握が出来ているかも大切なポイントである。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


五 + 3 =