2010.03.17

繁盛店とCSR

COMMENT (0)

繁盛店とCSR。

この頃、社会起業家という人たちが現れている。何冊も本を読んだが素晴らしいと思う。

「企業は本業を通じて、社会に貢献する」
「利益とは、社会に貢献したことの証である」
「企業が多くの利益を得たということは、その利益を使って、さらなる社会貢献をせよとの世の声である」

だから、社会起業家の本を読んで解せないところが1つだけある。

利己的から利他的へ、とか、社会のニーズに・・・とか。

本当は会社って、利他的で、社会のニーズに応えて、収益を出して、安定的に継続していくものである。

社会起業家の本を読んでいたら、うーん、それ普通の会社が想ってること、

目指していることなんちゃうかなぁ、とも思ったりする。

昔の企業はそうだった。今は売上偏重に振れ過ぎているみたいに思う。

別に否定はしないけど、金が金を生むような商売とか、

自分が出している価値よりもどうやって多くの稼ぎを得ようか、

みたいに考える商売って永く続かないんじゃないかな、と。

だから社会起業家ってな言葉がワイワイ言われるよりも、それが普通になっていくんだと思う。

日本企業の原点回帰みたいな。

こういうお仕事をさせていただいて、色んな会社様に出会い、色んなことに気付かしていただく。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


3 + 六 =