2010.03.14

一番店、繁盛店を創る人たちパート3

COMMENT (0)

一番店、繁盛店を創る人たちパート3ということで。

マーケットの旨みって、オドロキをあたりまえにする過程にこそある。

オドロキとは新しいコトであり、あたりまえとは普及したコト。

あたりまえになったその後には、つまらない過当競争が待っていて、価格競争に。

儲かるのはオドロキであるコトがあたりまえに普及する過程。

やっぱこのオドロキを作る仕事(=イノベーター)をやりたい!

ボクは子供の頃、遊ぶのにも工夫をした。だって物がなかったから。

今は物がありすぎるから、工夫しなくなってる。すぐに買う。

今ある枠の中でモノゴトを考えてしまう。工夫を出来ない人が多すぎる。

知恵がない人が多すぎる。と。

そして、それは仕事にも大きく影響する、と。

例えば仕組みが出来上がってしまった企業では、それが当たり前。

今の仕組みが出来上がるまでを知らないと、真意を掴みきれない。

うちの会社の創始者曰く【がむしゃらに仕事をすることで、自分の使命を知ることが出来る】

上司に『目標のない人をモチベートしてくのはどうしたらいいですかね?』と聞くと、

『目標はなくて良いとのこと。』ただ、目標はなくても良いと言いながら、力を付けて欲しい、と言う。

力が付くと、可能性が広がる。可能性が広がったら、目標が見える(かもしれない)と。

力がないから目標が見えてない。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


4 − 一 =