2010.03.13

繁盛店の売場と接客

COMMENT (0)

繁盛店の売場と接客をあんぱん屋さんと家電屋さんから。

どのショップに行っても、売場は分類されている。

パン屋さんならパン・ジャム・ジュースなどの大きな分類が違うものから、

パンの中でもあんぱん・じゃむぱん・くりーむぱんとかの単品別のものから、

あんぱんの中でもこしあん・つぶあんなどのアイテム別のものまで。

この分類別で売場を見ると見えてくるものがある。

主力単品なのか準主力単品なのかその他なのか。

また、その中での客層別グレード別の展開の仕方などなど。

アイテム別での店内における役割とか、各要素と値付けの関係とか。

ってな感じで売場を見ると楽しい。

あんぱんの一番店【銀座木村屋総本店】http://www.kimuraya-sohonten.co.jp/

はそうなっていた。

【消費者の時間節約】

これも商売になる、ってか、サービスにもなる。

あんまお買い物に時間とかかけたくないんだよな。たぶん。

みんな忙しいし。自分の欲しいものがすぐにある状態が一番。

だから家電でもコンシュルジュが付くわけですね。

要望を聞きながら、それに合った商品をプロが誘導してくれる。

無駄な時間も使いながら、という買い物も良いとは思いますが。

時間の奪い合いマーケティング。

また、売場も接客も【インサイト】(人が心の底で思っている本音のこと)

から導き出さないといけないと思うわけです。

カテゴリーインサイト、世代インサイト、社会インサイトなど。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


3 − 一 =