2010.02.28

一番店、繁盛店、老舗の引出物

COMMENT (1)

一番店や繁盛店や老舗の商品を引出物に出したいですね。

最近結婚式が多くて。その中の引出物って老舗の物が多い。

松野醤油。創業文化二年。205年。 http://www.matsunoshouyu.co.jp/

象彦。漆器。創業1661年。349年。 http://www.zohiko.co.jp/

たち吉。うつわ屋。創業宝暦ニ年。258年。http://www.tachikichi.co.jp/

皇室では日本で唯一の金平糖の専門店【緑寿庵清水】http://www.konpeito.co.jp/の金平糖らしい。

老舗の職人さんが言っていたコトバ。

『昔は知恵を使っていたが、今は知識でやるようになった』

モノ作りの職人さんを見て思うこと。

向上心と競争心。向上心に他人は関係ない。

自分自身が前に進んでいるか、それが気になる。自分自身を観察するところから始まる。

競争心は周りの同類たちとの競争関係だけにこだわっている。

相対優位に立とうとする人間は周りの人間の足を引っ張る。

外形的・数値的に示された社会的評価ばかり気に病む。疲れちゃうよね。たぶん。

この頃めちゃ向上心がある人に惹かれる。

自分の道を突き進み、頑張ろうとしている人。

モノづくりの職人にそんな人が多いと思う。

たぶん職人さんに『あなたの最高傑作は何ですか?』と聞くと、

『次回作です』と言うと思う。喜劇王チャップリンがいっつも言っていたように。

コメント

  1. 筆洗器には、中に金網がほどこされていますので、
    筆の毛を金網にこすりながら洗いますので、
    時間がたつと、金網の下に汚れた絵の具が
    溜まるようになっています。

    コメント by 油絵 祝い — 2016年10月25日 @ 11:25 AM

コメントの投稿


+ 二 = 9