2010.01.17

京都繁盛店巡り

COMMENT (0)

京都の繁盛店を巡る旅。

【伊と忠】http://www.kyoto-itochu.co.jp/

創業115年。草履が2万円~7万円。かっこいい。

ターゲットが明確で、そのターゲット用の売場作りや訴求の仕方が勉強になる。

【SOUSOU】http://www.sousou.co.jp/

ドミナント展開していて、手拭いだけの店、女性アパレルの店、おしゃれ足袋だけの店、メンズアパレルの店

などと客層別店舗別の提案をしている。伝統文化×今。必見。

【三日月百子】http://www.momoko300.com/

300円均一の雑貨屋さん。伸びているらしいので。

店内にいると10~20の若い女の子の『きゃーかわいい』という声がいっぱい聞ける。

その声が接客の代わりをしている気がした。

【イノダコーヒー】http://www.momoko300.com/

関西でコーヒーならココということで。

席が1階だけで70席はあろうかというのに、いつも待ち人がいる状態。ここもドミナント展開。

【衣】http://www.koromo-kyoto.com/index.html

一貫したメッセージがタッチポイントにちらばっている。

【恵文社】http://www.keibunsha-books.com/

めちゃめちゃいかした本屋さん。

最小分類の売場最大化とこの店だから出逢えた商品、価値、驚き、プラスがあったらクチコミやリピートになる。

・1つの領域を究めること。

するとターゲティングも絞り込まれ、商圏が拡大される。

SOUSOUや恵文社はその最もたるものだと思われる。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


9 − 一 =