2010.01.11

一番店、繁盛店への活かし方2

COMMENT (0)

繁盛店へのヒントをインドで学ぶシリーズ第二段。

インドではなんでもOKという感じ・パワーを感じた。なんでも包み込むと言うか。

仏教もヒンドゥー教に包み込まれた感じだし。公用語も16個もある。

とりあえず、国家として包み込んでおくという感じ。

向こうの人がよく言うコトバの1つに『ノープロブレム』がある。とりあえず問題ない。と言う。

問題があってもである。大きな問題ではない。気にするなよ。である。

それよりもやってみようぜ!という感じ。

基本的にインドの人は何も気にしていないような節がある。

では、何を気にしているんだろうか・・・と思うと、【生き方】であったり、【宗教】だったりするんじゃないかな、と。

【他人からの評価】や【外見】などとは気にするレベルが違う。

どちらが裕福な精神を有するだろうと思うと・・・どうだろう。

インドで色んなことを考えた。本当に色んなこと。考えるには時間がありすぎて。

考えて、考えて、考えて、考えても、なんともならないことが分かる。動かないと。

思考と行動と分けるとすると、木の根っこが思考で普通見えない。

すごそうに見せることは出来るけど。行動が土から上の部分で、見えるところ。

具体的な成果が表れる。根っこが豊かでないと、良い幹・枝・葉・実が成らない。

ほんまどんなこと考えたり、感じたりしたところで、動かないとどないもならない。

そこをどんどん踏み出せるかどうか。動けるかどうか。

そこにはパワーが存在していくと思う。いつまでも動いているガンジス河のように。

草履と布の服だけで旅したガンジーのように。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


− 7 = 一