2011.08.10

リアル店舗の集客

COMMENT (0)


ネットショップばかりやっているわけではないのです。

 


本日は実店舗を3店舗展開されている企業様のところへ。

 


ここではチラシのことや商品力強化や接客力&営業力強化などをお手伝いさせてもらっております。

 


さて、実店舗かつ路面店(ショッピングセンターなどの商業施設に入っていないパターン)の

 


売上や集客。厳しいところが多いのではないかと思います。

 


 


リアル店舗でじっくりボーっとしておりました。

 


一番不思議だったのは、お客様が商品を取られて、レジに持ってこられて、会計が済んで、お帰りになられる。

 


これをふつーにしていること。

 


なんの価値の提案もしていない。

 


もちろん商品を並べて、売場を創っているだけでも、立派な提案と言えば提案ですが。

 


それではお客様がびっくりするくらい来る大繁盛店にはならないと思う。

 


とりあえず地域一番の声でお迎えし、お客様がお店を出られるまでに最低1回は笑顔になってもらい、

 


別にお買い物をされなくても、あー来て良かった、と思ってもらえるかどうか。

 


ちょいと気の利いた一言くらい言えるかどうか。

 


チラシを打った時にだけ祈りながら集客を待っていてもダメ。

 


日ごろのお客様への全てが集客に直結する。

 


これからはお客様とスタッフの全てがブランディングになり、

 


接客というのはお店に来てもらってから始まるものでもなくなる。

 


ソーシャルメディアがそのキーになるんだと思うけど。

 


積み重ね。積み重ね。絶対にお店を出るまでに喜んでもらうんだ!笑顔になってもらうんだ!

 


というのは、別にお金もかからないし、値引きもしていない。

 


チラシで特売を出すよりも、店頭で割引をするよりも、効果があると思う。

 


あと、商品の棚だしの時に聞いてみた。

 


『これってどんな人になんで売れるんですか?』

 


これにすぐに的確かつ明確に答えれたら、それは売れるだろう。

 


それぞれの商品には役割がある。

 


どの客層に対してのものなのか。目玉商品なのか、オススメ商品なのか、見せ筋商品なのか。

 


とりあえず置いておく、というのは意味を成さない。

 


その商品の想定客層はどんなハッピーな未来を描いて、その商品を購入しようとするのか。

 


何を解決しようとしているのか。では、それを買ってもらった後、どのくらいの期間で、

 


次どんな商品を買ってもらえるのか。それくらいのことは考えながら、棚だししてくださいね!とお伝えする。

 


商品の役割を把握してなかったら、売場のどこにどうやってどう見せて置けばいいのかも決まらないはずだし、

 


どんな人にどうやって接客をしたらいいのかも分からないはずである。

 


置いてて売れたらめっけもん!みたいなやり方をしているとリアル店のしかも専門店の意義はなくなる。

 


ネットの方が安いし、品揃えも多いし、自分の好きな時に好きなペースでお買い物が出来る。

 


なんでリアル店舗のしかも専門店に行くのか。改めてその価値、真価が問われていると思う。

 


逆におもしろいと思う。どんどん業績を上げるショップも続出するだろう。

 


商品を知り、お客様を知る。そして喜んでもらいまくる。

 


これを現場のみなさんが何気なく出来るようになれば、お客様も自然に集まってくると思う。

 


そしてお客様がお店やスタッフを育ててくれて、勝手に繁盛店にしていってくれる。

 


 


美容室で日本一坪当たり売上高の高い経営者の人がこんなことを言っていたらしい。

 


どうやったら流行を生み出せるんですか?との質問に、

 


カットだけで10000円以上するお店に来てくださるお客様はめちゃくちゃ勉強してるし、要求レベルも高い。

 


そんなお客様にどうやったら満足してもらえるのか、徹底的に追求していっただけですよ。

 


というような内容のことを言っていたらしい。

 


まずは目の前のお客様を徹底的に満足してもらうために、出来ることを現場のみんながやること。

 


それがリアル店舗の集客の唯一無二の方法になるんじゃないかと思う。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


6 + 二 =