2010.10.22

商品作りに対する想い

COMMENT (0)


商品作りをされている方に凄い憧れがある。何か1つのことに徹底的に入り込んでいる人が自分とは正反対で憧れるものである。

 

本日のお打ち合わせさせてもらった会社様が取り扱う商材の1つに物凄いモノづくりにこだわっている会社様がある。

 

自分が商品開発した商品を語る時のキラキラが、お客様が使用した時のイメージのキラキラとリンクしていたらその商品は伝わる&売れるのだと思う。

 

またどんな商品かということを語るよりも前に、どんな人がどんな場面でどうやって幸せになるかを語っているような気がする。

 

そしてこだわりは徹底的にこだわらないといけない。なんだ、そんなもんか、と思われた時点でモノ作りは終わりだと思う。

 

モノ作りを生業としている人は変人と呼ばれるくらいの思い入れを持たないといけない。

 

そんなモノ作りをしていたら、価格は守られる。もしくは上代売りでも良いのである。

 

違う視点から見ると、新商品は上代を守る傾向にあり、オススメ商品になりやすい。

 

モノ作りは徹底的にこだわるのだけれども、変化もあり、不変もあり、おもしろいのである。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


+ 4 = 八