2010.10.03

バングラディシュでの商品開発

COMMENT (0)


バングラディシュでの商品開発ということで今回もバングラディシュと表記させてもらいました。

 

かなりSEO的な文章ですね。すいません。

 

さて、バングラディシュでの商品開発はそんなに難しいことではありません。

 

2つの方法があります。

 

私たちが商品開発のサポートとしてバングラディシュとの間を掛け持つ際には、

 

企画書をいただくか、サンプルをいただくか、という形でしております。

 

大きな工場は基本的には企画書を要求されます。

 

ただサンプルから型を作成してくれたり、サンプルのサンプルを作ってくれたりします。

 

企画書は英語のものを要求されます。そこは日本語の企画書をいただいて、

 

英語表記に私たちの方で直して、提出しております。

 

いずれにせよその企画書かサンプルをいただいて、ロットをお聞かせいただけると

 

バングラディシュから見積もりが届きます。

 

もちろんだいたいの費用に関する要望も添えることも出来ます。

 

基本的に現状の仕入れ価格を伝えて、どこで作っているのかを伝えて、

 

商品を先方に送れば、同等以上の品質で現状以下の価格で出てくると思います。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


六 − 4 =