2010.09.04

新規事業で一番店になる方法パート3

COMMENT (0)


新規事業で一番店になる方法のパート3ということで、

 

時流適応力相応一番の目指すところが決まったら、具体的な施策に取り掛からなければならない。

 

まずは売上を構成する商品・売場・集客・接客という視点から競合店を徹底的に調査分析するのである。

 

そしてこうすれば一番店になりますよ、という道しるべを示してあげるのである。

 

そしてその一番店になるための具体的なところを示してあげるとともに、

 

これはどうしたらなれるのか、ということを見える化していく。

 

どのくらいの商品を取り扱ったらいいのか、どの商品を目玉商品として売り、どの商品で利益を稼ぐのか。

 

どのような機能があれば、どのくらいの価格帯で販売したらいいか。

 

売場の作り方はどうすればいいのか、集客は何が一番効果的で、

 

それはどのような訴求の仕方が良いのか、接客の方法はどうしたらいいのか。

 

全て具体的に提示することが大切である。

 

より具体的に提示するためには現場に密着した取り組みが必要になる。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


− 三 = 4