2010.08.08

一番店繁盛店の流行発信

COMMENT (0)


大連行きの飛行機で席が隣になった人が美容室のオーナー様だったので、

 

色んなおもしろい話を聞かせてもらった。

 

どうやってデザインやセンスという定量化できないものを伝えているのか聞いた時に教えてもらったコトバ。

 

体験産業・経験産業。

 

自分がやっているところを見せる、そしてやってみてもらう。

 

じゃあ、オーナーはどうやってデザインやセンスを勉強してるのか。

 

日本では原宿や青山に勉強しに行っている。

 

あとディーラーの勉強会などにも参加している。

 

原宿、青山は流行の発信をしないと繁盛しない。

 

その他はそれをいかに地域に合わせて真似できるかが繁盛のポイント。

 

じゃあその原宿、青山で流行の発信をしている人はどうやって

 

流行を発信できるようになったのか、勉強しているのか、と聞いたら、俺もそう思っていたから、

 

単店舗売上日本一のガーデンにどうやって流行を作るのか聞いた、とおっしゃられました。

 

そうすると、そこのオーナーはカットに1万円以上かける人は勉強している。

 

その人たちの厳しい要求やニーズを聞いているだけ。

 

流行を作っているなんておこがましい、と答えられたそうです。

 

お客様から高いお金をいただき、それを越える価値を提供しようと精進する。

 

これはどの業界でも一緒かもしれない。

 

あと、そのオーナーに素晴らしい人ほど独立するリスクも聞いてみた。

 

すると、やっぱり美容室は技術勝負だから独立できる。

 

だから優秀な人が独立するよりも会社にいた方が良い理由を創らなければならない。

 

そのために色んな研修に行ける環境を作ったり、パリコレでカットしたりするのだと言う。

 

そうなのだな、と思った。

 

他業種で物凄い勉強されている方とお話をするのは刺激的であり、色んな気付きを与えていただける。

 

出会いは大切であり、大事にしたい。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


九 − = 4