2010.07.28

祭り用品の繁盛店の橋本屋様に見るメディア戦略

COMMENT (0)


祭り用品の繁盛店の橋本屋様に見るメディア戦略ということで、

 

ワクワクしながら本日もお打ち合わせさせていただきました。

 

月に1回お伺いするたびにおもしろいことになっている橋本屋様。

 

今回はなんと、来年の大きな邦画である【のぼうの城】という

 

キャストは野村萬斎、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴となかなかおもしろい役者さんばかりであり、

 

監督は犬童一心『眉山』『ゼロの焦点』と樋口真嗣『日本沈没』『ローレライ』である。

 

凄い。そこに衣装協力させてもらうことになりました。

 

また、知らなかったのですが、【必死剣鳥刺し】という豊川悦司、池脇千鶴がキャストで

 

原作は藤沢周平という映画にも衣装協力していたらしい。

 

去年の【バラッド】という草薙くんと新垣結衣さんの映画にも衣装協力している。

 

しかもこちらからのアプローチは一切なし。

 

橋本屋さんだったらやってくれるかな、と思って。みたいな感じである。

 

そんな話をしていたら電話がなり、文化放送からかかってきた。

 

なんと【みのもんたのウィークエンドをつかまえろ】に出演してほしいとの依頼。

 

ついにみのもんたさんと対談ということになった。おもしろいものである。

 

でもこのどれもこちらからアプローチは一切していない。

 

祭りのことなら橋本屋かな、と思ってくれたのだと思う。

 

リアル店舗もネットショップも日本一を目指して、謙虚にただひたすら邁進してきた結果である。

 

本当に嬉しいことである。

 

そして、主に関わらせてもらっているネットショップの方はグーグルの小冊子

 

【GoogleAdWordsの効果を最大化されるために】

 

に成功事例として掲載してもらった。

 

 

アドワーズの使い方がグーグルから認めてもらえたのだと思うと嬉しい。

 

やはり何でも日本一を謙虚にひたむきに目指すのが一番である。

 

小手先の技術ではなく、本質的なところで勝負する。

 

いつも橋本屋様に伺うたびに思い直す。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


三 + 2 =