2010.07.01

一番店繁盛店を創る人たちの歓送迎会

COMMENT (0)

一番店繁盛店を創る人たちの歓送迎会でした。

そこのお店選びについて、上司がブログに書いていたので、紹介します。

価値/価格を教えてもらった人です。少し変えて書いております。



お店を選ぶ時、利便性やグレード感などが目的に見合った場所であることは当然ですね。

社内の異動ですから、そんなに改まった場所である必要はありません。

かといって社に情報が飛び交う宴が予想されるのでできれば個室がいいでしょうね。

目的に見合った場所つまり客層にあった場所であるべきです。

でも、客層にあった場所であればよいかというとそれだけではいけません。

客層にあわせていくと場所と予算がほぼ確定しますが、それだけでは店を選ぶことは出来ません。

予算が決まるということはグレード感が決まるということですが、同じグレード感のお店のなかにいろいろな選択肢があるのです。

みんなの大切なお金を預かる幹事としては同じグレードの中でもっともお値打ち感のある店を選ばなければなりません。

つまりお店の価値/価格です。

想定したグレードおよその価格帯のなかでもっともコストパフォーマンスの高い店を選ばなければいけません。

もちろん5000円と3000円を比較しても意味がありません。

3000円前後ときめたならその範囲で価格に対して相対的に価値が高いお店を選びます。

料理、酒、部屋、接客などお店の価値を決めるポイント(価値ポイント)はいろいろありますが、

集約すると「おいしい」「会話がしやすい雰囲気」「段取りがいい」「居心地がよい」などにまとめられますね。

料理の味、料理の数などは、この「おいしい」の構成因子であり、

さらにそれを分解してゆくと素材や作りの技術にいたります。

「会話がしやすい雰囲気」なども同様に構成因子を分解することが出来ます。

こうして解してゆくとその店の実態が露骨に見えてきます。

「この店は雰囲気はいいけれど、料理の数が少ないな」

「逆に、この店は建物は古いけれど料理の数も多いし冷凍食品は少ないな」

とか、そうして、数あるお店の構成因子を比較し最も相対的に価値の高いお店を選びたいところです。

まあ、3000円ならば、立地のよいきれいなお店は、セントラルキッチンや生産者直仕入などが出来ている高度なお店でなければ店舗にコストがかかっている分料理は落とさざるえないでしょうからおおむね選択外になりますね。店舗面積に対して厨房面積の割合が広すぎる店もおおむね割高にならざる得ません。

そうやって選んでいくとこのグレードではこの店でしかありえないという選択肢に行き着くのです。

そう!それこそがお勧めスター商品です。

我々のマーチャンダイジングの根本はこの客層により特定されるグレード内のスター商品をとことん売る!ということにあります。

だから、価値/価格のあわないお店を歓送迎会で安易に選ぶことはご法度なのです。


OH!ナルホドですね。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


6 + 六 =