2010.05.09

業務用清掃用品の繁盛店

COMMENT (0)

業務用清掃用品の繁盛店様とお打ち合わせ。

売れ筋と売り筋を明確な違いを出す。

売上単品と収益単品を明確な違いを出す。

目玉商品とオススメ商品を繋げる。

提案の項目数を増やして、お客様が求めているものがすぐに見つかるように設計する。

商品と販促計画を繋げる。

全てが絡み合っているから、事象ごとにぶつ切りにするのは良くない面もあるが、繋がりは絶対的に見ないといけない。

この単品を買ってくれる人はついで買いが多いから、その単品はお客様を引き込む単品として成り立つ。

売上単品と収益単品をミックスさせて、売上も収益も目標に適う商品構成と売場構成をする。

これからであれば、万博やW杯などの販促企画も成り立たせやすい。

ただ、気を付けないといけないのは、繋がりを強引に作ったり、それはどうなの?

とお客様に思われるような提案をしないことである。

そう思われた瞬間にそのショップの信用度は下がり、懐疑的な目で見られかねない。

それぞれの繋がりを掴んだ上で、各単品ごとの予算や何を何個売るということを決めていく。

そうするとまだ足りない部分などが見えてくる。

それに対応して、何をするか。

また、その進捗確認とズレに対する対応力。

繋がりを把握できたら、次は予算のコントロールの精度アップ。

1歩ずつ進んでいる感覚も大切にしながら。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


8 − 一 =