2010.05.02

繁盛店店主の言葉

COMMENT (0)

繁盛店店主と会社でお話してました。

アパレル関連のショップを運営している素晴らしい経営者。

商売の勘所を掴んでいる方でした。

その方曰く『かわいい』という言葉をどう定義するか。

自分達のお店で服を買ってくれる人が言う『かわいい』とは何か?これを掴めていないと売れない、と。

お客様の購買導線としては【かわいい】→【安い】→【購買】という流れなのである。

【安い】→【購買】では決してない。

【かわいい】という第一関門を通過しなければ商品として存在していないも同義である。

ただし難しいのが、この【かわいい】という形容詞が人によって違うことである。

ほぼほぼ男には理解不能な領域と言ってもいいかもしれない。

ここを掴むのが商売人であるが、そもそもそのターゲットと同じ感性・感覚を持っている人を運営側に持つというのも1つである。

そのショップにはターゲットと同じ気持ちになれるスタッフの方がいる。

そのような方がいると、どの商品がどのくらい売れるか、どの商品だったらどのように売っていったら売れるか、というところが掴めてくるのだと言う。

客層によって商品の見るポイントも違えば、価値の優先順位も異なる。そこを掴まなければいけない。

それが出来ているショップは繁盛する。

商品を知り、お客様を知る。

これが商売繁盛の鉄則であると思う。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


× 7 = 五十 六