2010.04.04

ツイッターなど個人メディア活用を意識した繁盛店になる可能性

COMMENT (0)

繁盛店になる可能性を花見をしながら思いつきました。

花見の場所取りをしている時に、暇だったので、色々ディスプレイをしました。

花見に来てる人も楽しんでくれるような仕掛け。

まず場所取り用のブルーシートが足りなかったので、持ってきた色とりどりのお酒をキレイに1列にならべてみました。

すると、道行く人(特におばちゃんの集団)が『わぁ、キレイ』だとか『おもしろい場所取りね』とか

『あら、このお酒売っていないの?』と声をかけてきてくださります。

花見における酒屋さんの繁盛店が生まれる可能性を見出しました。

花見の場で行商をしているのは、ピザハットだけでした。

私達のところにも来て、『ここまで運びますから!』と威勢良く言い残していかれました。

お花見のニーズ(途中で食べ物がなくなると悲しい、買いに行くには遠い、寒くなると温かいものが食べたい、など)を満たしている売り方だと思いました。

その次にお花見をしに来た人をビックリ&喜んでもらおうと、桜の木にパンダを仕掛けました。ビニールで膨らむモノです。

すると、ファミリーやカップルが嬉しそうに『なにあれー!?』とか『パンダがいるよ!!』とかお話しながら写真を撮っていました。

たぶんこれがブログやツイッターに載るんじゃないかな、と思います。

こうして情報は広がっていくんだと思います。

個人がメディア化した今、うまくその個人のメディアに載せてもらえるようなネタを提供したら、勝手に広がってくれると思うのです。

ツイッターはじめブログやSNSなど個人メディアが無視できなくなってきました。

そこに取り上げられるところにも少し意識を向けて活動することも大切になってくるのではないかな、と思います。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


− 四 = 3