2010.04.29

一番店繁盛店になる提案

COMMENT (0)

一番店繁盛店になる提案。まずおさらい。

時流適応力相応一番。

すなわち時流に適応している事業領域で、一番にすぐなれるところで一番になること。

一番店とは、立地一番商品力一番。

ネットの世界で立地とはヤフーとグーグルの検索結果。

商品力は日本で一番にならなければならないが、品揃えと価値/価格。

立地一番を確固たるものにするためには、自社取り扱いキーワードにおいて、

ヤフー・グーグル共に自社のサイトへ流入する率を100%にすれば良い。

ということは、SEOでは1位から10位まで全てを自社に流入されるようにしたらいい。

この頃SEOのことを考える時も1位になったら良い、1ページ目に来たら良い、

上位表示されれば良い。という時代は終わるのではないかと思っている。

日本で一番のショップが1位~10位までを全て占拠してしまうのではないか、と思っている。

商品力一番のネットでの考え方はシンプル。

品揃えは在庫を持たなくても良いので、どこまでもサイトに載せることは出来る。

価格はローコストオペレーションを築くことで、人的コストの削減分を価格競争力につぎ込むことが出来る。

基本的に自社が一番になれるところで、立地一番×商品力一番を達成したら、

一番店にすぐになれるのではないか、と思っている。

パターン化して、すぐになれる事業ドメインを取り揃えておいて、

新規事業をしたい会社様がいたら、すぐに提案できるようにしておくことが

求められているのではないかと思う。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


× 7 = 七