2010.01.25

京都繁盛店巡りパート3

COMMENT (0)


京都の繁盛店、老舗を巡る旅。パート3。書ききれなかったことを。

まつひろhttp://matsuhiroshoten.com/へ。

がま口専門店かつ繁盛店。

テンション上がりました。

がま口の商品が所狭しと並んでる。

しかも一切の妥協なく、がま口商品のみ!

ただラインナップは豊富で、様々な形の商品展開をしている。

またがま口製作体験をやっていたり、修理は何回でもOKというサービスであったり。

そして秀逸なのは、そのショップカード。ショップカードもがま口である。感服。

市澤信三郎帆布http://www.ichizawashinzaburohanpu.co.jp/cgi-bin/index.cgiへ。

鞄の基本的価値である丈夫さを保った上で、機能的価値も追求する。

あと良かったのがカタログ1部につき100円でイラクやチェルノブイリに寄付するというやり方。

カタログって意外にお金がかかるので、バンバン配るわけにもいかない。

かといって、お金を取るのにも抵抗がある。

そこで、社会貢献。うまいやり方である。

吉水http://www.yoshimizu.com/へ。本当は宿泊がメインなのだけど、今回はカフェ使用。

そこではお客様が満員だった。何をやっているのですか?と聞くと、金接(きんつぎ)だそうで。

陶磁器を修復することを言う。純金でやるんだってね。

中には壊れた陶磁器がなかったから、わざとぶっ壊して来ていた強者も。

その他にも色んなイベントやってる。だから名簿書いてね。だって。

おばちゃんうまいこと言うやん、と感心しながら、どんなDM(案内)が届くか楽しみ。

城たいがhttp://jotaiga.com/のギャラリーへ。

文字が笑ってる。良いですな。

そこにあった言葉

【未来志幸】

未来というのは確率。

確率を変えるために意志というエネルギーがある。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


7 − = 四