2011.01.07

一番店ゆえの苦悩

COMMENT (0)


本日はある業種の一番店様と打ち合わせでした。一番店であるからこその苦悩もあります。まずは徹底的に競合対策されること。価格やサイトや商品構成など全部真似されます。ですので、ある程度のポジションまで来ると一回伸び悩むことがあります。下からの突き上げというものです。

 

一番店になってから進めないといけないことはブランディングと商品力強化とファンとの絆作りだと思っております。

 

ブランディングに関しては一番店であるからこそ出来るところでもあり、次のステージのためには必須となります。企業の理念や商品開発などの背景や個人のブランディングも必要になります。

 

商品力強化は価格をくぐられる場合の対処法や価格帯の幅の拡張や仕入先様との協業や商品開発の企画力・スピードや即日対応商品の拡充などが上げられます。他社が追いつけないレベルにまで高めなければなりません。

 

ファンとの絆作りは、よりそのショップや個人との繋がりを重視することです。問題解決力とプライベート情報の発信の親近感の2つが重要になると思います。

 

一番店はこの3点を実施していかなければならないと思います。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


+ 4 = 五