2010.07.12

一番店繁盛店を創るシステム開発

COMMENT (0)

一番店繁盛店を創るシステム開発ということで、システム開発の打ち合わせ。

通常どこかのASPと呼ばれる決まった枠組みがあるシステムを借りて、

商売するのがネットショップの基本。

ただし、誰にとっても使えるものは誰にとっても不自由なものである。

それは仕方のないことである。

であるから、今回は競合の差別化という意味でも

自動化・省力化という意味でも0からシステムを開発している。

こうなれば勝てる!というものをお伝えさせてもらって、開発中である。

ただ、0から作るというのは全部をこちら側で決めなければならない。

ASPであれば、ほとんどのことが決まっているので、それにどう合わせるか、

というところであるが、0からの開発であれば、どう設計するかというところ。

かなり細かい打ち合わせが必要になる。

そんなことまで決めなければならないのか・・・というところも打ち合わせの議題に上る。

でも意外に重要だったり、決めなければ先に進まないところもある。

こういったことを経験すると、ネットショップのASPの仕組みや

システム開発の仕組みがさらに分かるようになる。

これからの差別化はネットショップであれ、リアル店舗であれ、

【人】と【商品】と【システム開発】になる。

それは大企業とか中小企業とか関係ない。

この3つに対してアプローチしていかなければならない。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


− 7 = 一