2010.05.05

一番店繁盛店を創るための営業ツール

COMMENT (0)

一番店繁盛店を創るための営業ツールというテーマで。

本日自分の営業ツールを作成しておりました。

なかなか自分のお仕事を自分でうまく説明して、その価値やメリットを伝えることって難しい。

その場その場の対応だったらいくらでもお話して、伝えることは出来るけど、それでは1対1から抜け出せない。

1対多やお会いさせていただける時間が限られている場合は営業ツールが威力を発揮すると思う。

まずはどんな価値を提供できるのか。

自分と付き合ったらどんな価値を手に入れることが出来て、メリットがあるのかをイメージできるようにする。

そのためには成功事例をお伝えすることが一番である。

また価値とメリットが与えてくれそうだが、本当なのか?この人は信頼していいのか?

というところに対する打ち出しも必要である。その時にも成功事例が一番である。

その次に相手の悩みや現状で改善したいポイントを記載する。

こんな状態ではありませんか?それではダメですよ、と。こうなりたくありませんか?なれますよ、と。

これを成功事例とリンクさせていく。

あとはこの人何をしてくれるの?というところに対する項目と内容を出す。

ここまでで先方の心をグリップできていたら、細かく書いていても読み進めてくれる。

細かい項目と内容を記載して、具体的イメージを持っていただけるようにする。

そして最後に価格。これも絶対に明確に表示しなければならない。

もちろん話を聞いてから見積もりを書きます、というのもありだが、だいたいの予算感をつかみたいというのが先方心理だと思う。

自分の営業ツール。

一度作成することで、色々な気付きを得られると思う。

お仕事をいただくという目的もあるが、そのような意義も与えてくれる。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


9 − 五 =