2010.04.15

ペットショップの繁盛店

COMMENT (0)

ペットショップの繁盛店で打ち合わせ。

3月後半~4月前半は人の入れ替わりが激しいので、それに対応した形で運営しなければならない。

新規客を見つけるチャンスでもあるが、既存客が離れる可能性もある。

特に年度に合わせた形での転勤や引越しの類のお客様。

このようなお客様の心境を察知しなければならない。

不慣れな土地に来て、何も分からない時に、ショップに来てくれただけで感謝である。

その人たちが求めていること。

やはり信頼感だと思う。

このショップに任せていいのかな?このショップで失敗しないかな?

という思いに対して、絶対的なプロとして任せてもらえるように接客しなければならない。

プラスアルファとして、新生活に向けて明るいイメージを持ってもらうようにしたり、

おいしいお店などの地元情報を教えてあげても良いと思う。

TPOに合わせた接客が肝心である。

また、追客に関してもちゃんと仕組みで対応できていないことも意外と多い。

お客様はだいたい即決はされない。

他のショップも見に行くだろうし、そこまで購買意欲が高まっていない場合も多い。

そのような場合はだいたい『また来ます』『他のところも行ってから検討します』

などと言って、お店を後にされる。

このような場合でも1度接客はしているので、どのようなわんちゃんが好みで、

どのような環境で、どのような背景で、というところさえヒアリング出来ていて、

連絡先さえ聞いておけば次につなげる事が出来る。

また、こんなわんちゃんがいたら教えてね、とか、いついつに連絡します、という方もいらっしゃる。

ここらへんの方をしっかり仕組み化して、連絡するためにも、

データベースをしっかり組み立てることが必要になる。

連絡を取らなければならない日にはその旨の連絡が来たり、好みのわんちゃんが入ったら、

その旨の連絡が来て、誰がそれを求めているかまで出るように。

そこらへんはやはりコンピューターを活用した管理がベストである。

これまでコンピューターに慣れていないスタッフの方は戸惑うかもしれないが、

生産性が高まり、失客も格段に減ると思われる。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿


× 4 = 十六